マフラー交換済みの車査定と主な注意点

マフラー交換済みの車査定と主な注意点

自動車のマフラーというパーツは、たまに車買取の要点になる場合があります。
マフラーというのは、もちろん排気ガスの為のパーツですね。非常に重要なパーツですが、車オーナーによってはそこを別の物に交換している事もあります。その場合は、純正品とお店選びが大事になります。

 

純正マフラーは用意しておくのが無難

 

基本的に多くの買取店では、純正品を重宝している一面があります。パーツの付け替えを行っている訳ですから、交換前の純正マフラーは保管をしておく方が良いですね。お店によっては、純正マフラーに戻して欲しいと伝えられる事もあるからです。
またマフラーは、車検も大事なポイントになります。というのも交換後のマフラーは、果たして車検に通るかどうかが重視されるからです。もしも車検に通らないようなマフラーを付けてしまっている場合は、やはり純正品が求められると考えて良いでしょう。

 

カスタムカー専門のお店がオススメ

 

そしてマフラーの交換というアクションは、いわゆる改造に相当します。という事は、交換済みの車はディーラーでは査定を受けない方が良いでしょう。ディーラーの場合、改造車を低く強化している傾向があるからです。
また買い取り専門店でも、改造車専門のところが良いですね。そうでないお店の場合は、「マフラーが元に戻ったら買い取ります」と伝えてくる事もあるからです。それで付け替えの為の費用がかかってしまう事があるのです。それを考慮すれば、やはりカスタムカー専門のお店の方が手間や費用がかからないでしょう。
またカスタムカーのお店の場合は、社外パーツの買取などを行ってくれる事もしばしばあります。ですのでマフラーの交換をしているような車は、改造車の専門店で査定を受けると良いでしょう。
エスティマ 下取り